チワワにおすすめなドッグフード

チワワの食いつきが良くてもこんなドッグフードはNGです

どんなに安くてチワワの食いつきが良かったとしても、絶対に与えてはいけない特徴をもつドッグフードも存在しています。

 

では、どんな特徴を持ったドッグフードがチワワに与えるべきではないドッグフードなのかご紹介したいと思います。

 

大粒のフードは喉に詰まらせる危険が

 

チワワのドッグフードを選ぶ場合、例えくいつきが良いものであっても、大粒のものを選ぶのは避けましょう。

 

チワワは身体が小さいのと同様に口や食道が小さく細いですから、大粒のフードだと飲み込みきれず喉に詰まらせてしまう恐れがあります。

 

多頭飼いをしているとそれぞれのワンちゃんごとにフードを分けていることも多いですが、その際に小型犬用のフードが切れてしまったからといって大粒のフードをあげたりすると、取り返しのつかないことになってしまうかもしれないのです。

 


チワワにおすすめなドッグフード

 

添加物入りのフードも控えるべき

 

市販のドッグフードの中には、ワンちゃんのくいつきをよくするために香料や人工添加物のうまみ成分などが含まれていることが多いです。

 

こういったものはもちろん食欲をそそるものですからくいつきが良いことが多いですが、ワンちゃんの身体のためになるものでは無いため、できる限り摂取を避けるべきです。

 

また最初は夢中になって食べたとしても、やはり素材のうまみでは無いためすぐに飽き、食べなくなってしまうことが多いですから、本当に美味しく栄養のあるものを与えてあげるようにしてください。

チワワにおすすめなドッグフード

 

穀物の割合が多いとアレルギーの危険性が

 

市販のドッグフードはかさ増しのために原料に穀物を使用しているものが多いです。

 

食べても大丈夫なものではありますが、穀物は消化の負担となり、またアレルギーを引き起こすリスクを秘めているものでもありますから、健康を考えればこういったものを含むものはできる限り避けるべきと言えるでしょう。

 

特にチワワは身体が小さく消化や免疫力にも不安がありますから、いつまでも健やかに過ごしてもらうためには、穀物不使用のグレインフリーのドッグフードを選んであげるべきです。

 

○○肉とはっきり明記されていないもの

 

市販のドッグフードの中には、使用している動物性たんぱく質について鶏肉、ラム肉などのような明確な表記では無く、○○類といった何の肉を使っているかわからない表記をしているものがあります。

 

愛犬に食べさせる食事の原材料というのはやはり安心できるものを選んであげたいものですから、例えくいつきが良かったとしてもこういったものは与えるべきでは無いと言えます。

 

過敏に反応をする必要はありませんが、明確な表記がなされているフードが選択肢となっているのであればそちらを選んだ方が間違いはありませんので、この点もよくチェックしておきましょう。

 


チワワにおすすめなドッグフード