AX

チワワにおすすめなドッグフード

犬の尿路結石は正しい知識を基にすればドッグフードで予防できる

正しい知識で予防すること

 

血尿がでる、なかなかおしっこが出ないなどと言った症状がみられると心配になります。こうした症状がある場合には尿路結石症の疑いがあるのですが、実はとっても多い病気のひとつなのです。

 

しかし、正しい知識を持っていることで予防することも可能なので、原因・予防方法・おすすめのドッグフードなどについて知っておくと参考になります。

 

 

犬の尿路結石その症状と原因は?

 

腎臓・膀胱・尿道といったおしっこの通り道の途中で結石ができてしまう疾患が尿路結石なのです。

 

主な症状としては、排尿時にチクチクと刺激されるのでキャンと鳴く、血尿がある、排尿の体勢なのに中々出なく頻尿になる、腹部を触るのを嫌がると言ったものがあります。

 

また、症状が酷くなると排尿できなくなって体内に溜まってしまうため、腎臓に対してダメージを与えてしまうことも少なくないのです。

 

主な原因は、水分摂取量が少なかったり排尿を我慢したりすることで尿の濃度が高くなって、ミネラル成分が飽和状態になり結晶ができやすくなることです。

 

ミネラルバランスが不適切といのも結石のリスクを高くする要因で、バランスを考慮して過剰摂取にならないことが大事なのです。

 

細菌感染による膀胱炎などが引き金になったり、犬種でなりやすい傾向もみられるので遺伝的なことも原因になったりすると考えられます。

 

 

予防するためにおすすめの方法は?

 

運動すると体内で乳酸が作られますが、その乳酸が尿を酸性方向にするためアルカリ尿になりにくくしてくれます。

 

また、運動することにより自然と喉が渇き水を摂取することにつながり、濃い尿になることを防いでくれるので、しっかりと散歩などで運動をさせることがおすすめの予防法になります。

 

それから、新鮮な水を常に飲める状態にしておくことや、排尿を我慢させないためにトイレ環境を整えておくことも大切です。細菌感染を予防するために犬の生活環境を清潔に保ってあげることが大事なポイントになります。

 

また、栄養バランスのとれたドッグフードを与えてあげることも必要なことで、予防につながるドッグフード選びのポイントのひとつは、リン・マグネシウム・カルシウムのバランスがとれているものかどうかということです。

 

それからクランベリーが原材料として配合されているもの、良質な動物性タンパク質が主原料になっているドックフードを選ぶと良いです。

 

ただ、あくまで予防の観点からのポイントなので、結石が既にある場合には獣医師と相談しておすすめを教えてもらうといいです。

 

 

犬の尿路結石予防におすすめのドッグフードは?

 

先に触れたミネラルバランスが良い・クランベリー配合・良質なタンパク質が摂取できるというポイントから考えると、カナガンドッグフードがおすすめです。

 

日本においても口コミで人気があるフードのひとつで、穀物と添加物を一切使用しないとてもシンプルで健康的な商品です。

 

しかもチキンの生肉をたっぷり使用しているので良質なタンパク質が摂取できますし、本来肉食動物の犬の食事として考えた時にも適していると言えます。

 

また、ミネラルバランスも考慮されていてクランベリーも配合されているので、犬の尿路結石予防におすすめのドッグフードの条件をすべて満たしています。

 

 

一番大切なことは

 

尿路結石予防に最適といったフードもペットショップなどで販売されていますが、多くは極端にミネラルを減少させているフードです。

 

しかしミネラルは犬にとって必要な栄養素であって、必要以上に少ないと骨がスカスカになったり、動悸・不整脈・神経過敏などを引き起こしたりする可能性も考えられます。

 

ひとつのことだけを気にして全体を見失ってしまうことは危険なことです。

 

良質な素材のフードであれば様々な病気にも対抗できる免疫力をアップすることが可能です。