AX

チワワにおすすめなドッグフード

アイムス ラム&ライスがオススメ!

愛犬のフード選び、皆さんは何を基準にしていますか?

 

毎日の食事は、人間同様に動物たちにとってもすごく大切な事なので、愛犬の体質や体調に合わせたドッグフード選びをしてあげなくてはいけないと思います。

 

私はミニチュアシュナウザーを2匹飼っていますが、1匹はもう11歳になるので、大粒のフードや固過ぎるフードを与えると喉を詰まらせてしまうことがあるので、お湯でふやかしてから与えなくてはいけません。

 

最初はペットショップと動物病院で勧められたフランス製のドッグフードを与えていたのですが、皮膚にフケが見られるようになり、涙焼けで毛が赤くなってきたので、トリマーをしている友人に相談したところ、ドッグフードを変えてみたら?と言われ、いろいろと試してみました。

 

いろいろと試してみてわかったのは、お値段が高い、高級ドッグフードが良いというわけではなく、その子の体質に合うのが1番なんですよね。

 

うちの子が最終的に辿り着いたのが、ホームセンターやスーパーなどでも手軽に買うことが出来る、アイムスの『7歳以上 健康サポート ラム&ライス 小粒』です。

 

うちはドッグフードを変える時は、今食べさせているドッグフードに、新しいドッグフードを半分混ぜて、徐々に新しいドッグフードを増やしていき、便の状態や、体調の様子を探っていますが、よくあるのが、軟便になることなんです。

 

あまり軟便が続くようだと、合わないのかな?と思い、半月?1カ月くらい様子をみて変えていました。

 

アイムスは、食いつきもとても良く、便もすぐに健康的なコロッとした状態になり、体調的には問題なく、フケも涙焼けもなくなったので、続けてみることにしました。

 

【原材料は以下の通りです

 

 

家禽類(チキン、ターキー)、トウモロコシ粉、ラム肉、発酵用米、粗びきコムギ、粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ、乾燥ビートパルプ、魚粉、動物性油脂、鶏エキス、乾燥卵、発酵用乾燥酵母、フラクトオリゴ糖、グルコサミン塩酸、ビタミン類(E、C、β-カロテン、A、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B12、B1、ナイアシン、B2、B6、イノシトール、D3、葉酸、塩化コリン)、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、ヘキサメタリン酸ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、酸化マンガン、ヨウ化カリウム、炭酸コバルト)、DL-メチオニン、L-カルニチン、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)

 

 

 

成分

 

 

たんぱく質22.0%以上、脂質12.0%以上、水分10.0%以下、粗繊維4.0%以下、灰分8.8%以下、オメガ-6脂肪酸1.19%以上、オメガ-3脂肪酸0.13%以上、ビタミンE50IU/kg以上、カルシウム0.85%以上、リン0.65%以上、354kcal/100g】

 

 

 

 

 

私がドッグフード選びで1番気にしている、酸化防止剤もローズマリー抽出物という自然派保存料なので安心でした。

 

また、人間のカラダにも必要なオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランス良く摂取出来るという素晴らしさ!

 

毛並がツヤツヤになるはずです。

 

ラム&ライスはアレルギー体質の子にも向いているようなので、フケもなくなったのかなぁ?と思います。

 

どこでも買えるお手頃価格なのも、やはり魅力ですよね。

 

以前使っていたドッグフードは、大手のペットショップや動物病院に行かなくては買えなかったので、なくなる前に買っておかなくてはいけなかったのですが、アイムスに変えてからはそんな心配も必要なくなりました。

 

これからも愛犬が元気に過ごせるようにアイムスを与えていきたいと思います。