チワワにおすすめなドッグフード

知らなかった!愛犬が健康でいられる安全なドッグフード選び!

 

大切な愛犬には健康で長生きして欲しいと多くの人が願うでしょう。

 

愛犬が元気に暮らすには、日々のドッグフード選びが大きく影響します。

 

ドッグフードは多くのメーカーから多種多様な商品がリリースされており、店舗へ買いに出かけてもどれを選択したら良いのか分からない人もいるかもしれません。

 

特にドッグオーナーになったばかりの人は、犬の種類や年齢に合わせたドッグフードをはじめ、高額な商品から安価なものまで、何が健康に良くて安全であるかは分かりにくいでしょう。

 

実は、店舗で売られているドッグフードには安心して愛犬に与えられるものとそうでないものが売られています。

 

チワワのドッグフードおすすめは?

 

 

安全ではないと言えるドッグフードは、添加物が多く原材料に入っているものです。

 

このようなドッグフードは、値段が安いのが一般的で、香料や化学調味料などの添加物によって犬が好む味わいをつくり出しています。

 

つまり、添加物でごまかさなければ犬が食べない商品と言えるでしょう。よく、人間も食べられる原材料のドッグフードは安全と言われます。

 

なぜなら、安価で添加物が多く入った商品には、死にかけや死んだ動物の肉や腐敗した肉のほか、障害を持つ動物の肉などをメインに使用しているものがあるからです。

 

この4種類の肉は4Dと言われ、肉だけでなく内臓や血液などの肉副産物も含まれています。

 

ケースによっては、嘴や爪だけでなく糞尿までもが混ざっている場合があり、注意が必要です。

 

10キログラムで2000円程度かそれ以下の安価なドッグフードは質が悪い原材料を使用していると認識して避けた方が良いでしょう。

 

○○パウダーや、○○ミール、○○ミートなどと原材料名に表示されている場合は4Dだと思ってください。

 

また、添加物は一度くらい食べたからと言って多くはいきなり健康被害が出る訳ではありません。

 

長年愛犬に与え続けると内臓疾患やアレルギーなどを発症する恐れや、歩行が困難になる場合があります。

 

チワワのドッグフードおすすめは?

 

 

愛犬の健康を守りたいオーナーであれば、質の高い原材料を使用し、添加物が含まれないドッグフードを選びたいと思うのは当然と言えるでしょう。

 

日本人は国産の様々な商品に安全性を高く感じる人が多いですが、実はドッグフードの場合、国産の商品よりも外国産の商品の方が質が高いと評価されています。

 

日本ではペットに対する法規制がほかの先進国に比較してやや緩いのが現状です。

 

前述した4Dミートをドッグフードに使用しても日本では違法にはなりません。

 

添加物に対しても必ずしも表示しなければならない訳ではないのです。

 

店舗ではよくアメリカ産をはじめ、ドイツ産やフランス産のドッグフードが売られています。

 

外国産のペットフードは栄養素や原材料だけでなく味わいにも気を配ったものが多いのが特徴です。

 

国産と表示されていれば安全と、原材料のチェックをせずに安易に選ぶのではなく、国産・外国産ともに、安全であると考えられる適切な価格で売られていて、

 

ドッグフードの製造過程や原材料にこだわりがあるメーカーを選ぶのは愛犬のためにとても大切になります。

 

しかし、外国産のドッグフードは、当然ながら海を超えて日本に輸入されるため、品質保持の観点から、輸入方法や使用されている保存料に関してをチェックするようにしましょう。

 

ここまで説明したドッグフード選びから考えるとドッグフードは購入せず、オーナー自身が手作りすれば良いと感じる人もいるでしょうが、

 

愛犬に必要な栄養素が豊富に含まれるドッグフードを自作するのは案外難しいものです。

 

質の高いドッグフードであれば、犬が健康的でいるために必要な栄養素がバランス良く含まれています。

 

チワワのドッグフードおすすめは?

 

 

犬は動物性たんぱく質が主要栄養素ですが、安価なドッグフードには大豆などを原材料とする植物性たんぱく質が含まれているケースが多いです。

 

大豆などの穀類なら良い食べ物だと思いがちですが、それはオーナーにとっての健康に対してであって、愛犬にとっては良質な食べものとは言えません。

 

穀類をドッグフードに使用すると安く大量生産ができるメリットがあるのでしょうが、犬にとって炭水化物は消化器官へあまりよい影響を与えません。

 

穀類を絶対に与えてはいけない訳ではありませんが、愛犬が消化しにくい食べ物を与えるのは避けた方が無難でしょう。

 

近年では、アレルギーにも影響するだろうと言われており、赤い目やにに悩まされている愛犬のドッグフードを穀類不使用の商品にしたら症状が和らいだとの報告が多くされているようです。
また、安全なドッグフード選びは愛犬の健康にとても重要ですが、愛犬に合った商品を選択するのも大切です。

 

例えば愛犬のライフステージに適した商品であれば、栄養不足などを防げます。

 

運動量、基礎代謝ともに低下する老犬や成長期である子犬が同じドッグフードを食べてしまうと、カロリー不足や過多を引き起こすので注意してください。

 

最近では、持病をサポートする商品や去勢した犬向けの商品などもリリースされています。

 

ドッグフード選びは美味しく安全で、愛犬の状態に適した商品を選ぶことが重要なポイントです。

 

チワワのドッグフードおすすめは?