チワワにおすすめなドッグフード

犬の毛並みを良くする食べ物をサプリメントで補う方法は効果的なのか?

 

犬の毛並みを良くする食べ物にもいろいろあるけど、これだけを与えていれば大丈夫と言えるようなものはないんだよね。
もしそんなのがあれば、みんなそれだけを食べさせるようになっちゃうけど、100点満点な食べ物はないから工夫をするんだ。
そんな工夫のひとつであるサプリメントについて紹介するから、ぜひ参考にしてみてね!

 

そもそも犬用サプリメントってあるの?

 

「人間がサプリメントを飲むのはわかるけど、それを犬に与えても大丈夫なの?」と思う人もいるだろうけど、もちろんそれはダメ。
犬にサプリメントを食べさせようとしても警戒するし、無理矢理与えようとするなんてもってのほか。
犬には犬用のサプリメントがあるから、まずはそこからスタートしよう。

 

それじゃあ人用と犬用は何が違うのかってことになるけど、犬が食べやすいようにいろいろな形になって売っているのが特徴なんだよね。
抵抗なく食べられる錠剤に加工されているから、食べ物に混ぜてあげることでそのまま栄養補給ができる優れものなんだ。

 

人間がサプリメントを摂取するときは薬のように水で飲むけど、かんで食べることが前提のサプリメントだから犬もそのまま摂取してくれる。
これが、犬用のサプリメント用意する理由。
そもそも犬の場合はどういう栄養が必要なのかも人とは違うところがあるから、自分でサプリメントを飲んでいる人がそのままおすそ分けってわけにもいかないから、ちゃんと専用のサプリメントを用意してあげよう!

 

どんな栄養があればいいの?

 

犬の毛並みを良くする食べ物について勉強している人なら、どんな栄養が犬の毛並みに良いのかはわかっていると思う。
でも念のためにまとめておくので、改めてチェックしてみよう。

 

タンパク質に関しては良質なドッグフードなんかを用意してあげれば問題ないから、わざわざサプリメントで補う必要はない。
ここでポイントになるのは、普段の食べ物にどんな栄養が含まれているのかを把握していること。

 

ビタミンはしっかりと補給できているのか、毛並をよくするためにはミネラルなんかも重要だけどしっかり含まれているのか。
多くの人が摂取しているコラーゲンなんかも、皮膚に良い影響を与えて毛並みを良くする効果があるので絶対に必要。
ほかには必須脂肪酸のオメガ3が犬の毛並みを良くする食べ物でも重要な役割を持っているから、しっかり与えられるようになりたいね。

 

犬用のサプリメントを買うときには、ここで紹介した栄養成分がしっかりと含まれているものを中心探してあげるとグッド!

 

ごまに含まれているセサミンは毛並を良くするためには効果的だけど、穀物のごまはそもそも犬との相性が悪い。
だけどセサミンを抽出したサプリメントなら、犬の体調に悪影響を与えることなく摂取できる。
こういうところもサプリメントのメリットだね。

 

消化に関わる問題を解決しつつ、普段の食事ではとれないような栄養を摂取する。
こういう発想で考えられるようになっていけば、サプリメントをどんどん活用できるようになっていくよ。

 

与えすぎに注意

 

どれだけ体に良いものだとしても、摂取のしすぎは問題になるので注意しよう。
悪影響はなくても、不必要な摂取は無駄になってしまうことも多いから、必要なものを必要なだけ与えられることが重要なんだ。

 

普段から食事には気を遣っていて、必要な分をしっかりと与えられている人ならサプリメントは逆効果になることもあるので注意しよう。
いくら毛並みを良くする効果があると言っても、過剰摂取は肥満の元なので要注意。
太ってしまったら食事制限が必要になるし、そうなると栄養バランスに問題が起きて毛並みが悪くなってしまうんだ。

 

自分の体なら問題が起きたときにもすぐわかるけど、飼っている犬の場合は普段からしっかりと見てあげないとわからないから絶対に気をつけよう。

 

それでも一番良いのは食事で工夫していくこと

 

最初からサプリメントを前提にするのもひとつの考え方だけど、一番良いのはやっぱり食事だけで必要な栄養を摂取できること。
普段からバランスの良いドッグフードや食べ物を与えられるなら、サプリメントに頼る必要なんて全然ないんだ。

 

だけど犬の体調に問題があるときや、ドッグフード自体がそれほど特別ものではないときなんかは、サプリメントで補ってあげるのも効果的だと覚えておく安心。
あともう一つ覚えておいてほしいこととしては、サプリメントは飲み続けて効果が出るものだから、中途半端な与え方はしないこと。

 

人間がサプリメントを飲むときにも言えることだけど、最低でも三ヶ月くらいは飲み続けないと目に見える効果が出ないことが多いから気をつけよう。
少しだけ与えて効果が実感できなかったからやめてしまうのは、とてももったいない!

 

人間と犬は違う生き物だから気をつけなければならないことはたくさんあるけど、共通しているところがあるのも事実なので、しっかりと勉強してベストな飼い方をできるようになろう。